スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
   錦戸といえば、来年公開予定の映画『抱きしめたい』で共演の北川景子とも、本物の恋人さながらの親密ぶりがウワサされ、Perfumeのあ~ちゃんとも仲良く遊び歩いているとの情報がある超モテ男。しかし、これだけ話題になれば、観る前にすでにストーリーを知ってる人も多いんじゃないでしょうか。また、錦戸の悪友赤西仁が黒木のデキ婚のお相手ということもあり、事務所が黙ってはいないだろう。
 昨年下半期はあまりに多忙すぎて、取材対応が乱暴になったり、どうでしょう dvdスタッフを雑に扱うなどの悪評もささやかれた堀北。疲労困憊の堀北を癒してくれる男性は、もうそばにいるのだろうか?「バルス祭り」も覚めやらぬ今宵、みなさん、どうお過ごしでしょうか。先日公開されたアニメ『風立ちぬ』は、公開9日間の動員数220万人、興行収入は28億円を突破し、夏休み突入後も興収トップに君臨しているようです。さて、この週末に『風立ちぬ』をご覧になった方も多いかと思いますが、例によって、ここから先はネタバレ要素もあるのでご注意ください、と書いておきます。
同作品をめぐる話題の一つに、スタジオジブリ発行の小冊子『熱風7月号「憲法改正」』特集号があります。同作品の監督、宮崎駿氏はもちろんスタジオジブリの主宰。この『熱風』の中で宮崎氏は「憲法を変えることについては、反対に決まっています」と語っている。人気クリエーターだからこそ一挙手一投足まで批判される、というわけですが、それ以上に宮崎氏には「あえて」この時期にこうした発言をしなければならなかった「理由」と「背景」があるのでしょう。こんな言説で言われたら「左翼」もかわいそうだな、と思いつつ、巨大掲示板などに棲息するネット上の住人たちの間で、宮崎氏の「左巻き」ぶりは有名なようで『熱風』での発言も「憲法9条原理主義」と揶揄されています。
2013/09/09(月) 12:00 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください

TRACKBACK

TRACKBACK URL